メインイメージ画像

専門的な知識が必要になる翻訳

専門職や医療関係の仕事の人や学生は、外人が書いた書類を読む必要が、多くあるようです。新しく発表された論文は特に、翻訳されているものを探し出すのはなかなか大変で、外国人の書いたの論文を自分で翻訳する事、それ自体が英語力を一緒に身につけるという意味で、研究の一環となっているそうです。専門知識がたくさん出てくる文章ですから、専門職の人や、学生の人は、日頃から、、大量の論文の翻訳にものすごく苦戦していると言います。専門知識が多く、文字数も多い論文の翻訳は、たとえば、翻訳業者に注文すると、20万以上もかかるそうです。

研究には、専門知識だけでなく、自力で文書を和訳できる程度の英語力が欠かせない、という事を痛感させられます。

和訳を依頼する時は、一番最初に書類の内容や文字数から見積もりを算出してもらいます。この時点で、詳細な費用の内訳をしっかりと確認しておき、謎の経費のかからないようにしましょう。提出期限の設定や、翻訳する原稿の確認、翻訳者の選定等、細かい部分まで相談して料金をだしてもらうと、本依頼するときにやりやすいです。

本依頼をして、仕上がった原稿をもらったら、文章をチェックして、訂正があれば修正依頼をします。一番はじめの納期を短期で制定しすぎるとそのぶんだけ和訳にかかる時間が減りますので、その影響で添削箇所が増えて、反対に時間がかかるパターンもありますので、適切な期限を設定する事も大切です。見積もりや注文の段階で、詳しい希望を書いておくと良いでしょう。